社員教育、失敗しちゃった経験談

御自身の経験で教育する事

社員教育を行う事は、仕事の質やスキルが身に付き、その結果、企業の役になる人材になるので、社員教育を受けて成長した社員は企業の財産になります。
社員教育に力を入れる理由は、新人社員や若手社員が成長しないと企業が成り立たなくなるので、社員教育の担当者は、企業で定められた教育マニュアルを参考にする必要がありますが、教育担当者により社員教育に隔たりがある事は事実です。
参考にしたくない担当者の教育は御自身の経験を参考にして教育を行う方法です。
必要な事は、経験ではなく実績と結果です。実績と結果に繋がる内容でなければ、経験する必要はないので、するべきことと行う事を具体的に伝える事が、社員教育に必要です。教育を間違うと、成長の度合いに影響が出るので、企業にとって損失になります。

感情的になる事は悪影響

社員教育の場では老若男女様々な世代の人達が関わっています。
教育する側と教育される側に必要な事はコミュニケーションをとる事が必要になります。
コミュニケーションが不足すると社員教育に悪影響を与えて、仕事の本質を見失う事になり、人間関係が崩壊して、お互いに感情的になり、教育どころではありません。
社員教育で必要な事を伝えても、話を聞かなくなり、反抗的になり、お互いが勝つか負けるかの争いに発展します。
社員教育で失敗した経験で多い事は感情的になる事ですから、企業の為になる事を考えて行動する事が必要です。
社員教育の実績を出す事でご自身の評価が上がる事と、社員教育の結果、成長した社員は企業の財産になる事を目的に行動すれば、感情がぶれることなく社員教育を行う事ができます。

新人研修は新入社員・職員に対する研修のことで、ビジネスマナーやその会社・業界で働いていく上で必要となる基礎知識などを学んでいきます。

© Copyright Training Jobs Available. All Rights Reserved.