社員教育に向いてる人

新人はキャリアの方向性が決まっていない存在

日本の企業では、多くの新卒学生は総合職として採用されます。特定の仕事をすることを前提に採用される欧米とは異なり、新人は会社人生を通じてどんな仕事をするかをわかっていません。明確なビジョンがある人もいますが、多くは会社の辞令に基づいたキャリアを構築していきます。
そのため、社員教育には多くの部署を渡り歩いたスタッフが良いと言えます。営業や経理など、一つのジャンルに特化したキャリアを積んだ人間は、どうしても同じキャリアを歩むことを前提に教育を行いがちです。教えられることが特定のジャンルしかないことが理由なのでしょう。様々な現場を知っていることで、それぞれの新人の適性を見つけることもできますし、単に会社のルールを教えるだけではない社員教育が出来ます。

エリートは指導役には向かない

能力の高い人間が社員教育をすれば、能力の高い社員が育つという考え方がありますが、実際の現場ではあまり正しい考え方ではありません。社内エリートと呼ばれる方は、キャリアの中で大きな失敗や同期に負ける経験をしていません。彼らが指導する人間の中には、同期に負ける人間やキャリアチェンジを余儀なくされる人もいるのです。優秀であることは大事ですが、これまでに回り道や苦労をしてポジションを築いた方こそが新人教育を行うべきです。また、それぞれの事業部でのエース格を新人指導に回すと、本来の業務に悪影響を及ぼすデメリットもあります。
新人教育はそれ自体には利益が出ない、投資のようなものです。会社員として働くための心構えや、人生を通じて生きてくる考え方を教えたいものですね。

© Copyright Training Jobs Available. All Rights Reserved.