こんな上司に社員教育されたい!

初心者目線で指導してくれる上司

人間は、誰しも慣れてくると「それが当然」と知らず知らずのうちに思ってしまうものです。
なので、仕事でも、初めから「できて当然」という感覚で部下のことを見ていることがあり、いざできなかったり、気が付かなかったりするとそんなこともできないのか、というような態度で冷たくされることがあります。けれど、初めてのことは、一から教えてくれないとわかりません。見様見真似でやってみても、細かい指導がないと分からないこともたくさんあります。自分が初めてそのことをやったときには何が分からなかったのか、どんなことに困ったのかを思い出して、部下に指導してくれる上司がひいては尊敬される上司になっていくものです。人を育てるためには、その人の立場に立って物事を見たり考えたりすることが大切になってきます。

謙虚な姿勢を忘れずに、誰よりも先に動く上司

年功序列という言葉がある通り、社会においては年配を立てて敬うことが暗黙のルールのようになっています。長年にわたってやってきたという事実があるわけですし、その積み重ねで今があるわけなので、その考え方は最もだと言える一方で、その考え方に甘んじて、部下・後輩に対して傲慢な態度を取る上司やなんでもかんでも押し付けて、まるで雑用係のように扱う上司がいます。人を育てるためには、育てたい人間像にまず自分がなることが大切です。その背中を見て、後輩たちは育っていくので、教える上司自身もまだまだ学ぶことがたくさんあると、謙虚な姿勢でいること、また、動くときにはまず自分が動いて示すことを心がけられる上司が求められるのです。

© Copyright Training Jobs Available. All Rights Reserved.