知りたい!社員教育の極意

怒らずに「叱る」教育を

会社の利益を上げ仕事の質を向上させるのに、社員教育は欠かせないですよね。一方で社員教育に失敗してしまうと、社員も育たず会社も成長しません。そこで社員教育の極意について、述べていきたいと思います。

教育は一般的に「叱る」「ほめる」で構成されます。まず、「叱る」ことについて、これは本来の目的から外れてしまいやすい要注意ポイントです。「叱る」目的とは、間違いを指摘することです。すなわち、相手の成長や変化を期待し、愛情を持って、意見を言うことです。混同しやすいのが「怒る」ことです。しかしこれは、自分の不満やイライラを解消するために、感情的になって相手のことを悪く言ってしまうことです。この二つを区別し「怒ら」ずに「叱る」ように心がけましょう。

やる気を起こす3つのポイント

社員をやる気にさせる3つのポイントを確認していきましょう。まず一つ目は、上記の「叱る」に対して「ほめる」技術です。これはシンプルなことで、小さなことでもできていることを見つけたら褒めるようにしましょう。なぜなら上司に見てもらっているという意識があると、社員も頑張ろうと思うからです。次は、指示を具体的にすることです。仕事に慣れた人が当たり前だと思っていることが、社員にとっては初めてのことであったり慣れないことである可能性を頭に置いておきましょう。それだけで、効率的にフォローアップすることができます。最後に、失敗から学ばせることです。全て手取り足取り見てしまいたい気持ちもあるかもしれませんが、社員に任せてみることも大切です。もちろん失敗することもあるでしょう。しかしそれによって社員はどうすれば良かったかを考えることができ、自分の力で向上していくことができます。

© Copyright Training Jobs Available. All Rights Reserved.